カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【感動】山奥で拾った犬と家族の心温まるストーリー。

レオと出会ったのは、私が3歳の時。

山奥のきれいな川へBBQしに向かっていると、運転していた父が

「あそこに犬がおる!」

と言って車をとめた。
窓を開けて見てみると薄汚れて、真っ黒になっている雑種の中型犬がいた。赤い首輪はしていたが、首輪も汚れていてフラフラ歩いていてとても飼い犬とは思えない状況だった。

父が「乗るか?」と運転席のドアを開けて声をかけてみると、当時キャンピングカーのような大きな車だったにも関わらずその犬は運転席めがけて飛び乗ってきた。
そのまま犬を乗せてその場所からさほど遠くない川原でBBQをすることになり、川原に着き犬をおろすとそのままどこかにフラフラ行ってしまった。

「おうち帰ったんやねー」

と母が言っていて寂しいねーと話をしていた。その後、川で遊んだり、BBQしたり数時間たち片付けも終えて車に戻ると、さっきどこかに行ったはずの犬が車の下で寝ていた。

「どぉしたんや?うちくるか?」

と父が聞きながら車のドアを開けるとまたその犬は飛び乗ってきたのでそのままうちに連れて帰ることに。その帰りの車の中でその犬はレオという名前になった。

レオはとても賢かった。
うちにきてから体調が悪いときを除いてオシッコやウンチを家の中でしたことがない。
人や犬にも吠えず、絶対噛みつかない。
散歩は1日1回共働きの両親が仕事を終えた夜に車で20分程の山の中に行ってリードを着けず車からおろして走っていくレオを車で追いかけるというような散歩をしていた。
たまにレオが帰ってこなくなるときがあって1時間程探し回っても出てこないので仕方なく1度家に帰ると、1回も散歩をしている山まで歩いたこともなくマーキングなどはしてないのに、車から見ていた風景だけで覚えたのか夜中に自力で家に帰ってくる。
バッテラが好き。ちくわが好き。チーズが好き。そんな不思議な優しいカッコイイ犬だった。

レオがうちに来てから14年程がたった頃、父が大動脈瘤破裂で緊急入院することになった。
その後も何度か手術をすることになり、術後も熱がずっと下がらず父の入院は1年ほど続いていた。 
その当時私は高校生で、母も夜までの仕事で足腰が悪くレオの散歩は、庭か家の近くをリードをつけて歩くだけになっていた。 
すると今までずっと走る散歩をしていて年の割には元気だったレオがみるみる弱っていった。 
フローリングに寝てしまうと、足が滑って立てなくなってしまう。20センチ程の段差が飛べなくなる。
庭に出てそのまま座り込んで戻れなくなってしまう。
しっぽがクリンと上がっていたのにずっと下がっている。
あれだけ家の中で粗相がなかったのに庭まで行けなかったのか家の中でオシッコをしてしまう。
ずっと寝ていて起きてる時間が短くなっている。

そしてレオがうちに来て14年目の夏。
相変わらず父の入院は長引いていて、私は夏休みに海外へボランティアに2週間程行くことが決まっていた。
レオはいつも母と一緒に寝ていたが、その頃には夜中に息苦しそうにしていることが多くなっていたそうだ。
家の中での粗相も増え、お留守番が多い日中に庭にでたまま戻れなくなっていて私が学校が終わり帰宅して発見するなど本当に弱ってきていた。
私には姉がいるが、聴覚障害がありレオが何かあって鳴いたり吠えたりしても聞こえない。
母になにかあったときも同様で、母は夜まで仕事があり足腰も悪いため満足に散歩ができず私が海外に行っている間2人だと散歩やレオの面倒などどぉしようね?って母と相談していた。

金曜日に終業式があり、少し不安な夏休みになってすぐの日曜日。
夜、私は部屋に戻らずなんとなくレオと寝ようかなと思った日。
でも夜に遊びにいく予定がはいり私はそのまま出掛けた。

 

IMG_47021

次の日、祝日の日の朝6時、姉がいきなり部屋に入ってきて私を揺すり起こし「レオが死ぬ」と手話で伝えてきた。

私は飛び起きてリビングへと走ると、ハァハァと息が荒くグッタリ横になっているレオ、その横で泣きながら優しく撫でている母と姉。全く意味がわからなかった。

3歳のころからずっと一緒に育ってきたレオ。

ちっさい頃は結婚するって思ってたレオ。

ちょっかいかけても文句も言わず怒りもせず優しかったレオが今日死ぬなんかちっとも想像してなかった。

私はレオが息苦しそうだったので首をあげてやろうと近付き膝枕してあげた。
するとそのまますぐレオは息を引き取った。
私が飛び起きてレオといれたのは駆けつけて10秒ほどのことだった。

「レオはあんたが来るの待っててくれたんやね。全部わかってたんやね。あんたが海外に行ったらお母さんと、お姉ちゃんの負担になるって。みんな揃って見送ってもらわれへんて。お母さん、お姉ちゃん、あんたがそろってて、みんなが仕事や学校お休みの日で、みんなで見送れるときにいってくれたんやね。レオはほんまにかしこいね。 …お母さん最近覚悟しててん。ちゃんと見送ってあげようね。」

そぉ母は言ってペット霊園に電話しに行った。
私には覚悟なんて全くなかった。
3歳からずっと一緒にいて、泣いてるときは慰めてくれて、耳の毛がふかふかで、肉球の間がすごいレオくさくて、一緒にお昼寝して、イタズラもして、一緒に走り回ってってしていたレオがいきなり、今日いなくなるなんて。
弱ってきたなー、年とったなーとは思っていたけど、まだもっと一緒にいれると思ってた。

だんだんレオが冷たくなる。
だんだんレオの舌が紫になる。
だんだんレオが硬くなる。
なんで昨日一緒に寝んかったんやろ。
私が首持ち上げなかったらもぉ少しでも生きれたかな。
レオは幸せやったんかな。
涙が止まらなかった。

母は父にもすぐ連絡し父は特別に一時退院してきた。
そして家族でそろってレオを見送った。
いつも外で元気に走ってたレオが小さな白いつぼの中にいる。
14年もいたからわかってはいたけど受け入れられなかった。
レオに触れたくて仕方なかった。

原因不明の熱が下がらず1年も入院が続いていた父の熱が、レオが亡くなった次の日から下がりそのまま安定し、1週間後退院できることになった。

レオは賢いだけじゃなかった。
本当に家族みんなのことわかってくれていた。
1年も離れてたけど、お父さんのこともちゃんと思っててくれたんやね。
お父さんが苦しいの、レオが全部持ってってくれたんやね。
レオはほんまにすごいね。すごいね。

あれからもう6年もたった。
毎年レオの命日頃にはレオと出会った川へ家族で出掛けている。

レオ見てるかな?
みんなレオのおかげで元気だよ。
あの川で出会ったの覚えてるかな?
ほんとにほんとにありがとうね。
ずっとずっと大好きだよ。
また会えるまで覚えててな?

【感動】オムライスとごはん ~母ちゃんは寝ないで働いてた~

当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。
 
子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
それでもどん底だった・・・
 
俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。
 
1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
飯食いに行こうって話になった。
メニューの漢字・・・読めなかった。
読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。
 
無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。
店員、固まってた。
クスクスって笑い声も聞こえてきた。
そしたら同級生
 
「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」
 
・・・
店出た後、同級生が一言
「うまかったな」って言った。
「仕事がんばれよ」って言ってくれた。
 
泣けてきた
心の底から人に「ありがとう」って思った。
そいつは今でも親友です。

貧乏な母と野球のチケット

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。
学もなく、技術もなかった母は、
個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。
それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、
何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、
日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。
給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。
俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、
母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。
母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。
チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われ、
帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、
外のベンチで弁当を食べて帰った。

9216657699_9b39423b69_z

電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、
母に孫を見せてやることもできた。
そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように
「野球、ごめんね」と言った。
俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

もう生きられへん。ここで終わりやで。

京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日に無職片桐康晴被告が認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。

 

事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。

片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。

片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。

片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。

生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。

介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。

 

「最後の親孝行に」

 

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で

 

「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は

 

「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。

 

片桐被告が 「すまんな」と謝ると、母は

 

「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は

 

「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。

 

この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。

母の首を絞めて殺し、 自分も包丁で首を切って自殺を図った。

冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、 眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。

裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。

殺害時の2人のやりとりや、

 

「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」

 

という供述も紹介。

目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

裁判の中で片桐被告は、

 

「私の手は母を殺める(アヤめる)ための手だったのか」

 

と言葉を残した。

 

東尾裁判官は片桐被告に対し、

「尊い命を奪ったと言う結果は取り返しのつかない重大だが

経緯や被害者の心情を思うと、社会で生活し 自力で更生するなかで冥福を祈らせる事が相当

被告人を懲役2年6ヵ月に処する…」

 

そして続いてこう言った

 

「…この裁判確定の日から3年間 その刑の執行を猶予する」

 

殺人(承諾殺人)で異例の執行猶予つきの判決を言い渡たされた。

そして被害者(お母さん)の心情に対し

 

「被害者は被告人に感謝こそすれ、決して恨みなど抱いておらず
今後は幸せな人生を歩んでいける事を望んでいるであろうと推察される」

 

判決の後、片桐被告に裁判長が「絶対に自分で自分をあやめる事のないようにお母さんのためにも、幸せに生きてほしい」

と言われ、片桐被告は深々と頭を下げ「ありがとうございました」と言った。

 

片桐被告に言い渡した後に東尾裁判官はこう言葉を残した

「本件で裁かれるのは被告人だけではなく、 介護保険や生活保護行政の在り方も問われている。 こうして事件に発展した以上は、どう対応すべきだったかを 行政の関係者は考え直す余地がある。」

 

【画像】めっちゃエロいシャーペン見つけたったwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:08:50.57 ID:M1dm/Lxa0
no title

no title

no title

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:09:25.35 ID:+eBccWThi
これはエロいわ

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:09:41.84 ID:U3vRrC8I0
エロすぎ

 

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:10:17.66 ID:R9SO5TE/0
100万回ヌいた

 

引用元: http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383224930/

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:10:10.96 ID:MV0gr5sV0
思ってたよりエロい

 

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:11:06.22 ID:Q8GnbXA+0
本当にエロいな

 

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:10:36.36 ID:M1dm/Lxa0
no title

 

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:10:59.99 ID:VcwY+iUf0
今おな禁中なんだぞやめろ

 

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:11:20.75 ID:S33xp9++I
ちょっと買ってくるわ

 

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:11:55.41 ID:kkjzjt2L0
想像以上にエロかったわ

 

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:12:00.62 ID:z+uokzOF0
なんで俺勃起してんだろう

 

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:14:04.37 ID:Vamm0ong0
釣りかと思ったら予想以上にエロかった

 

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:16:56.70 ID:37uRYgwX0
ちゃんとエロくて感心した

 

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:17:03.42 ID:FppWzbzy0
ふぅ・・・これはやばい

 

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:22:55.85 ID:FAmJ/Z+u0
ひらめいた…!

 

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:26:53.49 ID:Phup1lR40
>>49 
お巡りさんこいつです!

 

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:26:09.95 ID:9KRuZXjZ0
Oh!hentai!

 

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:28:07.52 ID:PwrIcCo20
パンツ吹っ飛んだ

 

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:29:59.30 ID:wlMtPZw70
以下エロ画像スレ 
no title

 

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 22:31:11.81 ID:b76MY/Kj0
>>63 
エロ

 

68: 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:15) 22:31:24.81 ID:8ku8warC0
想像力豊かすぎるだろ

 

見映えの悪い母の手作り弁当。私は食べずにいつも捨てていた

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、

母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。

友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。

ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。

私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。

すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、とても食べられなかった。

家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。

私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので

「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。

母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。

 

それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。

中を見ると弁当のことばかり書いていた。

 

「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」

日記はあの日で終わっていた。

 

後悔で涙がこぼれた。

 【占いの館】当たりすぎて怖い!口コミで話題の占い師が、あなたの人生を劇的に変える!

あなたをお肌をチェック!写メで撮って送るだけで即診断できる「肌パシャ」